更年期障害 プラセンタ

更年期障害は45〜55歳までの約10年間続く!

日本人女性の平均閉経年齢は50歳といわれます。更年期というのは一般的に閉経後にくるものといわれていますが、実際は閉経前後の10年間、年齢でいうと45〜55歳の10年間を更年期といいます。

そして、その閉経前後の約10年間にあらわれる女性ホルモンの分泌が減少したことによるさまざまな不快症状や不定愁訴を更年期障害といいます。

更年期障害は卵胞ホルモンといわれるエストロゲンの卵巣からの分泌が減少、あるいは停止し、生活環境やストレスの影響が加わり、自律神経が乱れることで引き起こされると考えられています。

具体的には、顔のほてり・のぼせ・発汗・不眠・憂鬱・イライラ・頭痛・関節痛といった症状があり、同時に複数の症状があらわれることも多いので、日常生活や社会生活に多大な影響と苦痛をもたらすこともあります。

女性であれば誰もが閉経は経験するものなので更年期障害は避けられないものですが、症状の重さに個人差があるのは、体質の問題や精神的・環境的な要因が大きく作用するからともいわれています。

こうした更年期障害の症状を緩和したり、改善する方法としてはエストロゲンを補充するホルモン補充療法(HRT)というものがありますが、日本ではホルモン治療に対するイメージが悪く治療に対して不安が強いためあまり普及しているとはいえません。

更年期障害の治療としてのプラセンタ療法

更年期障害の治療のために婦人科などにいくと症状の重さにもよりますが、基本的にはまずホルモン補充療法(HRT)を勧められると思います。過去の新聞報道により「ホルモン療法は危険」というイメージを持っている人もいると思いますが 現在は、ホルモン補充療法(HRT)のリスクはほぼコントロールできるようになっているので、医師の言うとおりに行えばまず問題ない安全な療法といわれています。

がしかし、そうはいってもホルモン治療におけるマイナスイメージがそう簡単に払拭できるわけではないので、どうしてもホルモン補充療法(HRT)はやりたくないという方にはプラセンタ療法というものがあります。

更年期障害の治療としてプラセンタ療法は行う場合は、プラセンタ注射(皮下または筋肉)が基本になります。

更年期症障害の治療を目的としてプラセンタ注射を打つ場合は健康保険が適用されるので1アンプル(=2ml)500円前後という価格です。 内服剤やサプリメントも合わせて処方されることがありますが、これはあくまで注射の補助的な役割でしかありません。

更年期障害の治療にプラセンタ注射を行う場合

【注射剤】・・・メルスモンというヒト由来のプラセンタを凝縮させた注射剤を使用。
【治療費】・・・保険適応になるので1アンプル(=2ml)500円前後。これ以上の量は自費診療になる。
【治療期間】・・・週1〜2回の頻度を3か月続けるのが目安
【補助治療】・・・漢方や内服剤と併用することがある

メルスモンというヒト由来のプラセンタを注射するというのは全国どこの病院であっても変わりありませんが、治療費や治療期間は病院によってバラバラです。 プラセンタ療法は継続することが大事ですから治療期間や治療にかかる費用を事前にしっかり把握したうえではじめないといけません。

なぜ、更年期障害にプラセンタが効果的なのか?

更年期障害の症状の緩和と軽減にプラセンタが効果があるのはプラセンタのもつホルモンを調整する内分泌調整作用があることや自律神経のバランスを調整する自律神経調整作用が役立つからです。

ホルモン補充療法(HRT)とちょっと比較してみると

【メリット】

プラセンタ療法・・・更年期障害の治療にとどまらず、ありとあらゆる健康・美容効果がある
ホルモン補充療法(HRT)・・・更年期障害の治療にとどまらず、骨、血管、脳などに対する様々な効果が期待できる

【デメリット】

プラセンタ療法・・・ほぼなし。
ホルモン補充療法(HRT)・・・肝障害や婦人疾患のある人には適応できない。子宮系疾患のリスクの増加

効果としてはさすがに女性ホルモンの分泌に特化したホルモン補充療法(HRT)に比べると劣りますが、本来の体の機能を活性化させる効果効能があるため体のあらゆる不調に効果がありますし、 誰でも治療を受けることができ、危険な副作用が皆無という点がプラセンタ療法の特徴といえるでしょう。

更年期障害が緩和・改善されるだけでなく、すべすべの肌と元気な活力ある体も手に入るのがプラセンタですから、40代からの健康や美容も視野にいれて取り入れることを考えてみてもいいのではないかと思います。